コンテントヘッダー

Enough is Enough…改竄・偽証・逃げ口上…


フロリダで起きた銃乱射事件、高校生が主体となっている銃規制要求デモの輪は、全米に広がっている。呼びかけに応じた賛同者のデモ、March for our livesの旗印の下、#NeverAgain(2度と起こすな!)やEnough is Enough(もう沢山だ!)と言うプラカードが目立つ。

先日も不可解な銃乱射事件が起きた。テネシー州ナッシュビルの飲食店で銃乱射、4人死亡4人怪我、容疑者は上半身裸で逃走、未だ拘束されていない。理由は判らないが、容疑者は危険人物として認知されていたらしい。「銃を撃ちたい」と言っていたそうだ。銃社会アメリカ、今と同じ状態が続けば、同じような事件は未来永劫続く。精神異常者はいつの世もいる。Enough is Enough…「もう沢山」…「もううんざり」…と言う気持ちは良く判る。

日本、森友、加計、公文書改竄、いい加減な公文書保管、イラク日報隠し、セクハラ、次々とボロが出て来る。安倍・麻生を筆頭に政治家は逃げ回っている。「真摯」に対応すると言いながら、「口だけ」で何もしない。時間が解決する=逃げおおせる、思っている様だ。何が「真摯」なのか? 「真摯」の意味を知っているのだろうか?

「しんし」…、唇歯も「しんし」と読まれる。政治家の使う「しんし」は、「唇」が‘ぶるぶる’震え、「歯」が‘がちがち’に鳴って怯えている状態、「唇歯」が硬直し、質問に「答えようにも怖くて応えられない」状態を表わしている様だ。美しい言葉で対応するが、「しどろもどろ」、腹の内は見え見えである。

アメリカの銃社会が歴史的産物・負の遺産なら、日本の政治家と官僚の世界…、暗黙の了解に基く「忖度社会」…、歴史的産物・負の遺産なのだろう。規制するにも規制しようがない複雑怪奇な世界…。

「一部の特定人物の犯した間違い」と言うより、「組織全体」が同じような危険性を有している社会…。「間違い」と指摘された案件の当事者だけが責任を取らされる。上司が責任を取るかどうかは「間違い」の重要度・影響度合、「マスコミの取り上げ方」如何だろう。封建社会の名残?…。

ましてや、「間違い」行為により恩恵を授かる予定であった政治家は、「知らん顔」をして逃げる。最悪のケースは、其の政治家が。其の政治家の為に「間違い」=「忖度」行為をした当事者を激しく叱責し、生活基盤を剥奪するか、違法行為で「罪」を負わせる側に変態する事だろう。真に見苦しい。


もうEnough is Enough(うんざり)である。#NeverAgainどころではない。まだまだ次々と不祥事が出て来るだろう。日本の政治体制の根本までメスを刺さないとクリーンにするのは不可能に近い。

「責任を取る」と言っている責任者。どうやって責任を取るのだろうか?

「徹底的に膿を出す」と言っているが、どうやって膿を出すのだろうか?


所詮、口だけだろう。

「責任」も「膿」も本人自身である。Enough is Enough…。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

徒然愚思

Author:徒然愚思
在インド9年、在シンガポール4年、中国放浪の旅1年…、
主食は酒、酒の肴は煙草、65歳過ぎて、未だふわふわ漂う‘はぐれ雲’人生…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR