コンテントヘッダー

米朝嘘戦争・・・「嘘には嘘を」…


突然、金正恩が「核実験とICMB発射実験中止」「「核実験場廃棄」「威嚇ない限り核兵器を使用しない」と表明した。

トランプは自分のやり方を自画自賛、「大きな前進」と評価する一方、「疑い」が晴れるまで「制裁」を続けると強調…。米朝嘘戦争、第2段階に入った。第1段階に関しては、トランプは「成功裏」に進んだと思っているのだろう。だが、金正恩は冷笑しつつ、勝利を確信しているだろう。

金正恩の腹の内は? 

第一段階、それは金正日時代より設定された大目標、即ち「無条件で対等な立場での米朝首脳会談」を実現する事である。アメリカは「核放棄」などを条件とした首脳会談、即ち「核及びICBMを放棄しなければ会談には応じられない」との立場を貫いてきた。

埒が明かない「誹謗中傷」合戦、「罵り合い」、一触即発・核戦争の危機…。核戦争になれば北朝鮮は消滅するのは自明、金正恩は十二分に認識している。

金正恩、最終的に韓国を手玉に取って「米朝会談」と言う飴玉をチラつかせた。この飴玉の誘惑にトランプは「まんまと引っかかった」ようだ。現段階では、「核放棄」「ICMB放棄」に一切触れず、「無条件で対等な立場での米朝首脳会談」をトランプに飲ませてしまった。様々な案件で「傷だらけ」のトランプ、今は「藁にもすがりたい心境」だろう。そこに転がり込んだ「米朝首脳会談」、自分の実績と自負し、「汚名挽回」に有効活用しようと思ったに違いない。金正恩の投げた餌に、即刻食らいついてしまった。

金正恩、中国・習近平と「何らかのディールをしていると思わせる」中朝首脳会談、そしてロシア・プーチンとも話をしているだろう、北朝鮮の陰に中国とロシアがいると思わせ、ディールを有利に運ぶ算段だ。金正恩は着々とした準備をしている。トランプ…、少数の身内しかいない。

今回の「核実験中止」発表、金正恩自ら書いたシナリオだろうか? 「実験の中止」=「もう実験は必要ではなくなった」=「核兵器もICBMも完成した」と言う宣言だろう。従い、第2段階の目標は、「核保有国」であると世界に認めさせる事になる。米国内でも「核保有国である事を認めても良いのでは?」と言う意見もある。「核放棄?」…、金正恩は「超」が付く程「巨額な代償」を要求するだろう。正に、空前のディールになる可能性が大きい。トランプが応じられる域を遥かに超えたものになるに違いない。

「狂人同士」、「嘘つき同士」のディールが本格的に始まる。「狂人戦争」「嘘戦争」「ディールと言う名の戦争」…。

狂人は自分が狂人であることが判らない。
狂人同士の喧嘩は世界を滅ぼす。(誰も止めなければ…)
狂人同士の喧嘩は成り立たず。(誰かが止める…)

「目には目を 歯には歯を…」「嘘には嘘を 真(まこと)にも嘘を…」
「嘘つきは 先ずは疑い 嘘返し」
「嘘つきは 敵わぬ奴には 力攻め」
 

金正恩、「核実験場廃棄」を表明したが、もう使っていない実験場であり、「無価値・廃棄状態」にあると、既に「疑い」の声が上がっている。派手な「廃棄セレモニー」を開き、世界にアピール、ディールに使う心算だろうと疑われている。「核を放棄する訳がない」と言う見方の方が圧倒的である。

トランプ、中間選挙で票集めに使う心算だろう。従い、下手なディールは出来ない。今は強気で「良い条件でなければ、会談は流す」「良い案が出なければ、会談の席を立つ」と強気だが、内心は空虚だろう。「良い絵」が描けない心理状態だろう。「We’ll see…」としか言えない。「中露問題」もある。アメリカにとり「中露問題」は、北朝鮮問題より遥かに大きい問題である。

北朝鮮の方針は明快、アメリカは複雑怪奇、トランプを疑い嫌う者も多い。選挙と言う束縛もある。何が成功で、何が失敗か、線引きも難しい。

金正恩は「経済建設に集中」すると表明している。其れに見合ったディールを仕掛けて来るだろう。アメリカは「核放棄」=「安全保障」? 

兎も角、「無条件・対等の立場での米朝首脳会談」、それなりの意味がある。お互いの腹の中、「嘘」と「真」が多少なりとも垣間見られる事だ。全てに「疑心暗鬼」では、「真」が見えなくなる。見えても「歪んだ映像」だろう。

両人、「狂人」ではなく 「小人」である可能性もある
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

徒然愚思

Author:徒然愚思
在インド9年、在シンガポール4年、中国放浪の旅1年…、
主食は酒、酒の肴は煙草、65歳過ぎて、未だふわふわ漂う‘はぐれ雲’人生…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR