コンテントヘッダー

米輸入制限…「従属」「嫌米」の踏み絵…超汚い!…


日本、3月23日から発動する米輸入制限に関し、あれこれ言い訳しながら、‘同盟国‘として、「適用除外」されるように懇願している様だ。米従属国? 

オーストラリアは「適用除外」されたと安堵している。しかし…、真に不愉快、且つ、汚い手法である。トランプは「プロ・ディーラー」を自称しているが、これは「ディール」ではない。「力を笠に着た‘ねじ伏せ詐欺’」「世界を分断し混乱させる国際犯罪」である。

「例外なく全世界が対象となる」として発表された大統領令、その直後にアメリカに有利な「譲歩」をする国は「例外措置」=「適用除外」する可能性を仄めかした。「譲歩」とは、「軍門に下る」=「忠誠を誓い従属する」と同意だろう。誠に汚いやり方である。

中国・EUは、決して従属しない。プライドがある。既に、報復措置を講じると宣言している。

日本政府、「報復」の言葉は一切出ない。出ないというより出せない。「同盟国=適用除外」と言う言葉だけが躍っている。「日本はアメリカの言いなりになる従属国です」と、謂わんばかりに…。

正に、アメリカに「服従・従属」を宣言するか、「嫌米」「反米」を宣言するか、「踏み絵」のようだ。「反米」ではなく「反トランプ」だろうが…


明日からの国会、「北朝鮮問題」や「米輸入制限問題」より、「森友問題」が最優先されるだろう。安倍も麻生は、「真摯」に、そして「丁寧」に説明すると繰り返しているが、明確な説明は一切なく、全てを封印し逃げる心算でいたようだ。誤魔化し体制…、身内からボロが剥がれ始めた。森友問題、野党は「安倍体制崩し」の絶好のチャンスと、スッポンの如く喰いついている。「北朝鮮問題」や「米輸入制限問題」は、「二の次」だろう。所詮「政治音痴」の国である。

然し、北朝鮮と言い、輸入制限と言い、「トランプのやり方は正解だった」と思っているアメリカ人が多い様だ。アメリカ人の大半が「エゴイスト」か、頭脳的に「低次元」と言う事だろうか? 投資家も同様…、所詮「業突く張り」社会、短期的利ザヤを狙って賭けに出ている様だ。

米輸入制限は、具体的には3月23日から「本戦」に突入、北朝鮮は、米朝会談が開催される予定の5月まで「あれやこれや」水面下の政争が続く…
。本当に実現するかどうか、判らないが…。

「霞んで先が見えづらい季節」…、春霞? トランプの臭く汚い息が掛かったスモッグ…、当分は分厚いマスクと色濃いサングラスを掛けて過ごした方が良さそうだ。耳栓も必要?

世界が分断し、混乱するのだけは間違いないようだ。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

徒然愚思

Author:徒然愚思
在インド9年、在シンガポール4年、中国放浪の旅1年…、
主食は酒、酒の肴は煙草、65歳過ぎて、未だふわふわ漂う‘はぐれ雲’人生…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR