FC2ブログ
コンテントヘッダー

トランプ腰砕け…「貿易戦争」…ハッタリ ハンゲン…


「貿易戦争?」 「上等じゃないか!」 「アメリカは勝つ!!」 「不平等・不公平は許さない」 「長年の‘貸し’を返してもらう」…。米国民に「耳触り」の良い「甘言」で米国民を煽った。恰も、本気で「貿易戦争」をやりたがっているような印象を与えた。「愛国心」高揚を狙ったのだろう。戦争と言う言葉は血を騒がせる。

アメリカ以外は激怒、特にEUはカンカンである。だが、意外と中国は冷静、「トランプはいつも口だけ」で出来っこないと思っているのだろう。「やるならやってごらん。倍返しするよ」「困るのはアメリカ…」と言わんばかりに…。それより「全人代」…。

EU、米製品ハーレーダビッドソンなど3種類への報復関税を示唆した。ハーレーダビッドソン…、ライアン下院議長の地元企業の製品らしい。地元選挙民に悪影響を与えかねない製品である。バーボンとジーンズも同様、共和党議員の重鎮の地元、共和党議員は焦っている。報復対象に地元の目玉製品を撃ちをやられたら、責任を問われ、選挙民が逃げていく。早速、ライアンはトランプに自制を求め、「アメリカ経済に与える悪影響」を説いたらしい。トランプは、「貿易戦争には、ならないだろうが…」と、多少論調を和らげた。具体的にどうするのか、輸入制限の詳細は今週公表しなければならない。どうする…。ハッタリ ハンゲン(半減)?…

トランプの「出だし」の「強気発言」は、相手を「怯えさせ」「弱気にさせる「脅し」・「ハッタリ」…、だが、わずか一日で「弱気」の一面が露呈、結果「ハッタリ」の威力は半減、市場関係者は「最初の脅し」は常套手段としていつも使うディール用の話術と解釈した様だ。NYダウは大幅上昇に転じた。トランプ、「戦争」から「交渉」に表現を変えて来た。ディールのプロを自称するトランプ、ツイッターもディール用ツール!…

然し、いとも簡単にトーンダウン、市場関係者にとっては予想不可能な異常事態である。トランプ、見かけとは逆に、極めて「臆病」との印象を与えた。実は「何もできない道化」と思われている。数日内に北朝鮮の坊やが嘲笑う事だろう。何というか?

トランプ大統領就任以降、ある時点で「公約」である「貿易戦争」に突入、株価大幅下落、其の時の勝負を狙っている投資家は多い。

トランプ就任後、NYダウは想定外の大幅上昇、投資家にとっては「理解不能な上昇」、それ故に突然の急落に対する「不安」が入混じり、日々乱高下が続いている。

一難去って又一難…。明日はどうなる? と言う時代になった。

「貿易戦争」…、できれば「やって欲しい」と期待する者も多いだろう。アメリカ・アメリカ人の実態と本音が明らかになる。

金余りの時代、「戦争」に期待する投資家も多いだろう。皮肉だが…。

貧民には無関係の世界、気がかりは物価の上昇…。貿易戦争になり、報復関税が適用されれば物価上昇は必定…。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

徒然愚思

Author:徒然愚思
在インド9年、在シンガポール4年、中国放浪の旅1年…、
主食は酒、酒の肴は煙草、65歳過ぎて、未だふわふわ漂う‘はぐれ雲’人生…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR