FC2ブログ
コンテントヘッダー

ナルシストの美学は超危険…トランプ…


米政府、北朝鮮に対し、米独自で「最も厳しい制裁」を科した。国連安保理が禁止を決議した「対北朝鮮密輸行為を」犯した船舶・海運会社を対象にした制裁…、北朝鮮・中国・台湾・シンガポールの船舶・海運会社が対象になるらしい。中国は猛反対している。

トランプは、「制裁効果」が無ければ、「第2段階」移行すると脅している。「第2段階は、かなり厳しいものになる」「世界にとって、とてもとても不幸なものになるだろう」と脅し文句。「いつ?」「どうやって?」と言う質問には、いつもの常套句…「We’ll see」…「その内判るさ…」。…「なるようにしかならない」の意味に取れないことも無いが…。多分、何も考えていない?

北朝鮮問題、ロシア・ゲート、銃乱射事件、メキシコの壁問題、シリア問題、イスラエル・エルサレム問題…、トランプも精神的に滅入っている様だ。倍増しているツイッター、睡眠不足になっているのでは…。

相変わらずの低支持率、誹謗中傷されているメディアは激しい批判を展開している。一方、「味方」は次々離反し、アメリカばかりではなく、トランプ自身も孤立しつつある。

国民の批判をかわす戦術、一番手っ取り早いのは「愛国心」の高揚だろう。その為にも「金正恩」を徹底的に馬鹿にし・罵倒し、「最も危険な国」と言うイメージを国民に定着させ、「恐怖感」を植え付ける。一方、「アメリカは世界の最強国」、「やる時にはやる」と強気の姿勢を誇示し、支持を得ようとする。

更に、「固定支持者」の支持強化、まずは、イスラエル・エルサレム問題、早々と今年の5月を目途に大使館移転を始めると宣言した。

少々誤算が生じているのはフロリダの高校で発生した「銃乱射事件」…。NRAの支持を維持したいのだろうが、NRA自体も、支持者の共和党員の中でも揺れている者が出始めている。3月24日、全米で大規模な「学生中心のデモ」が予定されている。「銃規制支持派」や「女性」や「教職員」も多数参加するだろう。多額の寄付金も集まっている。トランプ陣営、どのように対応するか、見ものである。

そして、「シリア問題」、ロシアに好き勝手にやられている。今や、アメリカには「主導権」はない。だが、2,000人の米兵がシリアに駐屯している。どうするのだろうか? いつかは、米兵に犠牲者が出る。トランプの責任が問われる。

様々な問題を抱えたアメリカ、益々「分断傾向」にある。懸念されるのは「トランプの精神状態」…。

トランプが完璧なNPD(自己愛性人格障害)であることは、前にも書いたが、NPDにパラノイア(偏執症)とサディズム(意図的に他人を傷つけて快感する)が混ざった精神病を、「悪性NPD」(Malignant NPD)と呼ぶ。治療不可能。別名「ヒトラー型人格障害」、特徴は、誇大妄想、衝動性過敏化、批判に対する過剰反応、現実と虚構が見分けられない、自分に不都合な事は「フェイク」と大騒ぎする。更に、ルールに対するモラルを感じなくなる。貿易戦争の提案などは、典型的症状だろう。テロリストや独裁者に多いと言われている。

怖いのは、「衝動的に何をしでかすか判らない」ところにある。一番怖いのは「核」、そして中東戦争…。経済戦争であれば、経済的解決可能だろうが、武力行使は「覆水盆に返らず」…。殺傷力の高い「近代戦争」…想定外の悲惨を齎す可能性がある。

MNPDの行動は想像が難しい。「何処まで本当なのか」の判断も難しい。常に想定外の危険を秘めている。

MNPDの美学、どんな「美的感覚」なのか、普通の人には想像出来ない。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

徒然愚思

Author:徒然愚思
在インド9年、在シンガポール4年、中国放浪の旅1年…、
主食は酒、酒の肴は煙草、65歳過ぎて、未だふわふわ漂う‘はぐれ雲’人生…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR