コンテントヘッダー

関東地方「冬の大嵐」…「台湾坊主」…


子供の頃、1月末から2月末にかけて何回も「大雪」を経験した。‘台湾坊主’が原因と説明された事を覚えている。もう60年前の話だが…。

「台湾」近辺に発生する「東シナ海低気圧」、「気圧が密」で気圧図が丸く描かれるため「台湾坊主」と説明された記憶がある。今は「台湾坊主」と言う表現は「死語」になったらしい。「台湾蔑視」と思われので使わなくなったのだろう。

今は、「南岸低気圧」と表現される。「南岸低気圧」の特徴は、最近は、台湾ではなく日本近海で発生する低気圧、突如発生する低気圧、更に突如発生し短時間で大きく発達する低気圧…「爆弾低気圧」、どうなるか予想が出来ない低気圧、これが問題である。

来週、「南岸低気圧」が関東にやってくる。どんな「冬の嵐」を関東地方に齎すか…、気象庁は山沿いで雪になると予想している。

一方、ロシアのサハ共和国で氷点下67度を記録させた寒気団が徐々に日本に南下しているらしい。

超強烈寒気団の来襲、正に南岸低気圧が台風並みの「爆弾低気圧」になる条件が揃う。更に、日本近辺の海水温は平年より高い。大気中の蒸発水分量も多いだろう。寒気団の移動次第だが、東京近辺まで南下すれば、東京も大雪になる可能性がある。

最近は想定外の現象が起こる自然界、月~火は要注意である。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

徒然愚思

Author:徒然愚思
在インド9年、在シンガポール4年、中国放浪の旅1年…、
主食は酒、酒の肴は煙草、65歳過ぎて、未だふわふわ漂う‘はぐれ雲’人生…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR