コンテントヘッダー

トランプ焦燥・苛々…睡眠不足…難題続出…


ロシア・ゲート、面白くなってきた。モラー特別検察官が去年の大統領選挙関連で、ロシア人13人と3企業を掲示追訴、トランプは、「自分は無関係」と疑念払拭に懸命である。

昨日は、13回もツイッター投稿したそうだ。かなり焦っている。かなりイライラしている。真面な精神状態ではないようだ。怯えている?

ロシア・ゲートだけではない。フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件、「銃規制」の機運が高まってきた。「全米の高校生」や「母親」が動き始めている。「全米ライフル協会から寄付金を貰っている議員は恥を知れ」=「支持しない」と言う主張、中間選挙に影響しかねない動きである。

「セクハラ」「パワハラ」「人種差別」「宗教差別」「メディアとの闘い」様々な問題を抱えている。

中東問題、イスラエル・ネタニヤフは強硬にイランを非難、シリアにあるイラン民兵の拠点を空爆、更に、「エルサレムをイスラエルの首都と認める」トランプ発言に抗議するパレスチナの過激派を空爆し戦車で砲撃、パレスチナ民間人に死傷者が出た。ネタニヤフは、相変わらず「当然の行為」「当然の権利」と居直っている。中東は一触即発の状況にある。其のイスラエル…、ネタニヤフ自身の「汚職疑惑「」で政界が揺れている。どうなる事やら。

北朝鮮問題、平昌オリンピック開催中は何も起きないだろう。北朝鮮問題は一時棚上げとなる。一方、いよいよ「米中貿易戦争」が始まりそうだ。

トランプは「中国の対北朝鮮経済制裁「」実行に期待し、貿易戦争突入を先延ばしにして来たが、積極的に動かない中国に業を煮やしたようだ。公約通り「報復関税実施」で中国に「脅し」をかける方針に踏み切る可能性が大きくなった。

アメリカが、中国製品に報復関税を課せば、中国も米製品にそれ相当の措置をするだろう。特に農産物、トウモロコシ・小麦・牛肉・豚肉…アメリカ以外の国から輸入する事になる。オーストラリアや南米からの輸入量が増える。アメリカの農民は大打撃となる。

米国向け中国製品? コンビニ・スーパーやアマゾン等が扱っている、衣類・衣料品・靴類・玩具等々の日用雑貨品も多い。これ等日用雑貨品の値段が30~50%値上がったら、国の税収入は増えるだろうが、結局はアメリカの消費者の負担になる。需要=消費量も減る。供給減少=インフレ懸念、中国を生産拠点とする米企業にとっても打撃となる。アメリカ国内での生産は所詮無理、人件費が違い過ぎる。

中国は共産主義国家、自由貿易を謳っているが、習近平独裁国家、一部企業が苦境に陥っても、一切無視して国策を貫くだろう。だが、アメリカは国民の声を聴かなければ、選挙戦に不利になる。アメリカの政治家の最重要課題は選挙である。

「経済政策」で高く評価されたいとの願望の強いトランプ、アメリカに不利な実情を「報復関税」で改めると豪語しているが、アメリカ人やアメリカ企業に与える悪影響を見ないようにしている。中国製の廉価な製品(鉄鋼製品やアルミ等々)に依存しているアメリカ企業も多いだろう。米国産の製品使用では競争力を失う事は間違いない。


トランプの欠陥? 経済専門家は、不動産以外の経済に関する知識・経験が乏しい事だと嘆いている。オバマ批判が先行し、オバマの全てを否定したが、TPPやNAFTA等の知識は、殆ど持ち合わせていなかったと言われている。困ったものだ。

アメリカを「分断」し、様々な世界から反感をかっているトランプ、これからの経済政策で一般消費者からも、アメリカの企業からも反感をかうことになる。

反感に対し、ツイッターで言い訳・攻撃…、心地良く睡眠できるだろうか? 其の内、「睡眠不足」と「疲労」で、「本物の精神障碍者」になる可能性もある。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

米高校銃乱射事件…打つ手なし…


米高校で起きた銃乱射事件、トランプは「主因は少年の精神的不安定」で逃げた。

「少年・少女」の青春時代、誰もが「精神的不安定」の時期を経験する。アメリカだけの特殊現象ではない。思春期、人間=生物の成長過程の自然現象、どの国の「少年・少女」も経験する自然現象である。

だが、アメリカだけがダントツで「高校の銃乱射事件」が多発する。日本では絶対に起こらない。「何故?」と聞かれたら、トランプは何と答えるのだろうか? 


当たり前の事だが、アメリカの高校生の多くが銃を保有しているが、日本で銃を持っている高校生は皆無だからだ。精神不安定の高校生の確率は同率としても、日本では銃乱射事件は絶対に起きない。理由は明白、誰も銃を持っていないからだ。トランプに言ったら、何と答えるだろうか? NRAを気にして、何も言わないだろう。

多民族・移民国家アメリカ、「建前上」は全人類平等だが、半数以上の白人の「本音」は「白人至上主義」「人種差別主義者」のようだ。

人種差別の「裏返し」は、差別している人種からの報復に対する恐怖、常に恐怖感を抱いている生活、その恐怖感を和らげる手段として、より強力な武器を保有し自衛するという発想だろう。武器は強力であればあるほど安全と思うようになる。妄想だろうが…。半自動小銃保有も当たり前になる。 

今回の銃乱射事件、犯人は無抵抗で確保された。益々不気味である。人種差別と無関係の「何らかの鬱憤」が銃乱射衝動の原因だろうが、理由を公表する訳にも行くまい…。同じような心境の少年・少女がいるかも知れないからだ。
コンテントヘッダー

羽生が負け 羽生がゴールド 美味い酒…


偶然だろうか…。国民栄誉賞を授かった羽生永世7冠と中学生棋士藤井聡太5段との朝日杯・早指し戦対決、藤井5段の勝ち、午後に久保9段との決勝となった。勝てば中学生で6段でに昇級、将棋界では初めての偉業となる。

羽生7冠、「ハブ」であり「ハニュウ」ではない。有名な「ハブ睨み」…、「ハニュウ睨み」では語呂が悪い。

時を同じくして,平昌ではフィギア・スケートのフリー(決勝)、羽入(ハニュウ)結弦が出番に備えていた。そして、午後1時過ぎ、鮮やかな・爽やかな連覇、日本は感動した。

そして、藤井5段、午後からの決勝戦で久保9段に勝ち、6段に昇給、歴史的偉業を達成した。

今日、「2人の羽生」に混乱した日本人も多いらしい。

混乱も、「嬉しい混乱」なら、楽しい「お祭り」のようなもの、「思い出」になる。

だが、どうして読み方が変わったのだろうか?

「ハブ」と「ハニュウ」それだけでも話題になる。

藤井聡太、将棋界のヒーロー…。宇野昌磨も良く頑張った。

4年前には想像もつかなかった時代…。これから4年後、どうなるのだろうか? 感じたことは、「若者が着々と実力を付けている」事実・・・、4回転などは神秘的な業ではなくなる。何処まで進化するのだろうか…。

2月17日、「ハブ」と「ハニュウ」で混乱した日になったが、日本人には、「立春」のような日になったようだ。
コンテントヘッダー

シリア…米軍空爆で露民兵4人死亡…プーチン「知らんぷり」…


2月7日、アメリカが支援するシリア民主軍(SDF)の拠点をシリア政府軍が攻撃、その報復として、米軍はシリア政府軍の拠点を空爆、約100人が死亡した。その中に、少なくとも4人のロシア人民兵がいた。

プーチンの反応は、「そんな事は知らん」である。アメリカに対し、どのように行動を取るか、極めて難しい問題だろう。

CNNは、ロシアのアメリカの制裁対象企業に指定されたロシアの民間企業「ワグナー」…傭兵派遣企業…の民兵、犠牲者の氏名まで公表している。ロシア正規軍の兵員ではない。正規軍であれば大問題になる。米露直接衝突である。

アメリカの空爆…、「主権侵害」である。ロシアの空爆…、アサドの要請であれば「主権侵害」にはならない? 

アサド政権を正当と認めるか認めないかで国際法による判断が異なって来る。アサド政権を否定する方は「内政干渉」にならないと言い張るだろうが、「歴史的常道」として、「既存のアサド政権」は合法であり、内政干渉は「間違い」と言うのが「当たり前」と言うのが常識だろう。ロシアと中国はアサド政権を公認している。反アサド勢力、外国の支援が無ければ、自力では生き残れない。「国民の総意」と言う基準では少数派=論外である。

アメリカは反アサドを正当化する為に、民主化・反独裁・非人道…、その根拠としての化学兵器使用非難等々、色々画策している。


シリア政府は、「化学兵器使用は非人道的」であり、「絶対に使用していない」と明言、ロシアもシリア政府を支持している。実際、塩素ガスを使う意味はない。

ロンドンの民間人道支援団体…、アメリカ政府の支援・要請で「フェイク・ニュース」を流しているのだろうか? 「シリアが化学兵器使用」と大宣伝しているが、極めて意図的に見える。「フェイク」が蔓延し、何も信じられない時代になりつつある。数年前、大火傷を負い、死にかけている少女が、数日後、元気に飛び跳ねている映像もあった。フェイクのオリジンだろう。映像は簡単に捏造できる。


CNN、シリア国内でアメリカの武器が大量に市場に出回っている。販売元は、多分、アメリカに支援されたイラク軍、購買者はシリア過激武装組織(アルカイダ系?)と報道した。これが実態だろう。イラクもアメリカも儲かる構図である。

イスラエルとロシアの攻撃機が撃墜されたが、多分、アメリカが提供した携行型ミサイルが使用されたのであろう。其の内、米兵にも犠牲者が出るだろう。アメリカ製の武器でアメリカ兵が犠牲になる。それでもアメリカは武器を売り続けるだろう。武器商売はボロ儲けできる…。アメリカインディアンと戦った経験=西部開拓史が、そう思わせているのだろうか? インディアンに「銃」を売る悪徳商人、西部劇には度々登場する。

「おぬしも悪よのう…」、セレブの慣用語? その程度の歴史しかないのがアメリカ? 武器…、自衛のツールだろうが、悲劇を生むツールでもある。「もう少し、勉強しろ!」とアメリカに言いたい…。

米露直接対決、プーチンは避けているが、トランプはどうだろうか? 外交指南役不在、自分で考えられる能力があるだろうか?
コンテントヘッダー

インフルより怖い銃乱射事件…アメリカ流行病…

前にも書いたが、またまた起きてしまった。フロリダの高校で起きた銃乱射事件、17名の高校生が犠牲となった。凶器はAR-15・ 半自動小銃…。

4年前、アメリカの某団体が学校で起きた銃を使った事件を調査し発表した。

授業が行われている週(54週)で起きた銃を使用した事件の回数は74件、(銃乱射事件、生徒同士の諍い、自殺、意図しない発砲など…)銃乱射事件の件数は判らないが、一週間に1.37件、銃を使用した事件が起きている計算になる。事件が起きた州は31州、全米に広がっている。

今年に入り、1月22日テキサス州1名死亡(15歳)、1月23日ケンタッキー州2名死亡(15歳)そして2月14日フロリダ州17名死亡…、死亡者の年齢は15~18歳だろう。確保された19歳の少年は同校の退学者…。

事件回数74件と言う数字、少なくとも74人の生徒が、銃を学校に持ち込んだという事を示している。何故、銃を学校に持ち込んだのか、事実・意図は犯行者にしか判らない。74件は4年前の数字、今はもっと増えているかも知れない。

まるで「インフル」より怖いアメリカ独自の流行病である。使用している銃は半自動式小銃、何連発できるのか判らないが、一人で数10人殺害できる。そして「インフル」と違い、予防する為の「薬」がない。

「銃には銃を」と主張し、「自ら銃を以って撃退すべき」、と言うのが半数以上のアメリカ人の発想だが、「突然銃乱射」されたら「隠れる」しか難を逃れる術はない。むやみに逃げるのは危険である。そして、殆どの学生は学校に銃を持ち込まない。従い、「銃で反撃」することも出来ない。「銃には銃を」と言う主張は、「銃メーカーの詭弁」のように聞こえる。大半のアメリカ人は「アメリカ魂」と言う言葉が脳裏にあり、その言葉に溺れて「理性」を喪失しているのが実態だろう。正に「アメリカ風土病」である。

学校ばかりではない。教会でも度々銃乱射事件が発生している。テロの危険も増している。今後も頻繁に起きるだろう。

最近は、犯行者が自殺せずに逃げ、その後、「無抵抗で確保」されるケースが増えて来た。多分、「精神錯乱者」による犯行だろう。自殺より不気味である。「アメリカの風土病」、「流行り病」…。それでもアメリカ政府は何もしない。「学生の命」より、「選挙の方が重要」と思っているのだろう。銃規制が叫ばれる中、口だけは「悲惨「」と言いながら、着実に「銃規制緩和」の方向に動いている。ライフル協会は学校での銃乱射事件に対し、何とコメントするのか見ものである。所詮、口だけだろうが…。
プロフィール

徒然愚思

Author:徒然愚思
在インド9年、在シンガポール4年、中国放浪の旅1年…、
主食は酒、酒の肴は煙草、65歳過ぎて、未だふわふわ漂う‘はぐれ雲’人生…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR